パチ・スロプロ?いや無職生活へのプロローグ毎月の生活費支出を考える

    スポンサードリンク

    パチと関係ない事を少し書いてみようと思います。

    無職生活をする上で自分がこんな考え方をしたりしていますよって話です。
    べつに専門家でもないですし単なる妄想であったりする可能性も大いにあります。
    なので参考というよりこういう考えもあるのかってぐらいで思っていただければと。

    これからはスロ以外の収入を考える必要があるようになってくると思います。
    だから別の方面での収入確保の仕方や考えを素人ながらに組み立てる方法とか書いていきたいです。

    今後この系統の記事もドンドン書いていきたいですね。
    自分のスキルを紹介するというより一緒に形を作っていきたいです。
    一生無職生活をするための資金計画の入門書ってヤツです。

    で今回は支出について書いていきたいです。

    自分の好きな考えに
    【我慢ができればそれは成功である】ってのがあります。

    資金計画はほとんどこれで片が付いてしまうはずです。
    毎月お金が足りないって方は当たり前だけどこれに気付いて無いだけだと思います。

    いや気付いているけど出来ていないってのが正解ですかね。

    まず自分の生活費の基本構成をざっと書いてみてください。

    家賃
    光熱費
    食費
    嗜好品
    服代
    趣味
    その他

    全て我慢の要素が詰まっていますよね。

    家なんか狭くて古くて不便でって条件を悪くすればまだまだ下げれます。
    光熱費は冷暖房の使用時間や器具の選択・風呂の水の出し方等

    服代なんて分かりやすく言えばユニクロで良いのですよ

    食費は説明いらないですかね。
    でも一応書きましょう。
    外食より自炊、自炊も買う場所で全く金額が変わります。
    外食も安くて美味しい店は沢山ありますよ。

    酒・タバコもそうですよ。
    これはやっている人しか分からないでしょうがそうそう止めれるものではありません。
    しかし簡単に言い切ってしまうと我慢不足で片付いてしまいます。


    支出は自分が今の生活を始める事を計画しだした時に真っ先に考えた事です。
    というよりもこれの問題が解決出来たから専業になったというのが正しいかもです。

    一番最初に生活費を月10万円以内に抑える事に成功しました。
    今は無理かな・・・ははは
    それでも理由がありまた15万ぐらいまでに調整しようと最近は思っていますよ。


    10万なら無理なく稼働で稼げる自身があったからの逆算ですね。
    単純計算で日に3000円ちょいです。
    余裕ですよね。
    これはスロがダメでも最悪すぐアルバイトとかで確保出来るって安心感もありますからね。

    期待値1000円以上の台を3台か
    期待値1500円以上の台を2台
    または3000円以上の台を1台だけでいいんですよ。

    これが昨年までの私のノンビリ稼働の理由なのですがね。へへ

    どうですか?
    少し生活費考える気になりましたか?
    楽しい無職生活の第一歩です。


    そして去年末から稼働を増やした理由です。
    それはまたこれから順次書いていきます。
    この記事を書く事を決心させた理由です。
    完全に計画が出来上がってしまったので追々紹介していきたいと思います。


    これはそのためのプロローグです。
    結構面白くて興味深い話になると思いますよ。
    楽しみに



    スポンサードリンク



    生活費支出を見直した後の戦略経験者は語る継続は力なり

    スポンサードリンク

    前回は無職生活するのにまずは支出を抑えるという当たり前の話をさせていただきました。
    そして今回は収入確保のネタを書きたいと思います。

    自分は支出を抑えあとは少ない収入でも簡単なのを複数かき集めてそれなりの形にする方法を考えています。

    これで基礎を作ってしまえば余分に稼げた部分は今後の収入を作る原資に回せるわけです。
    なので支出をどれだけ抑えれるかで資金の増え方は全く違ったものになると思います。
    支出を第一に挙げたのはそのためです。

    自分は記事を書く時に抽象的な表現を極力避けようと思っています。
    誰がやっても最低限の効果は出る方法で話を進めるつもりなのですね。

    スロの稼働方法の紹介もそうですよ。
    誰がやっても結果を出せる稼働方法を自分は書いていると思います。
    それが出来ているブログが少ないから勝てる人が増えないのでは無いですかね。


    よほど店が過疎ってない限りは自分の稼働方法はどこでも使えるはずです。
    おそらく客層の上手い下手での影響はほとんど受けないと思いますよ。

    書いている通りのヒット&アウェイを繰り返しさえしていれば誰でも結果が出るはずです。
    その上で『テーブルNの法則』などのたまに書く稼働方法を組み合わせれば効率も上がるわけです。
    なので最初は分かりにくいのであれば変な事を考えずに推奨ライン以上から打ち始め即やめを徹底してください。
    それだけで結果は付いてくるはずです。

    で今回の本題です。

    言いたいことから先に





    【今すぐ日記ブログを始めろ】です。


    そうです日記をブログ上で書くのですよ。
    SNSでコチャコチャしても収入にもならない無駄である訳です。
    自分がツイッターに力が入らない理由の1つですかな。
    ミクシィ・フェイスブックに興味が無いのもそのせいです。


    海苔衛門のこのブログも約一年半続けてきました。
    その上での意見です。
    おそらく数年後に続けた方たちから自分は感謝されていると思います。


    最初は文章でなくても良いと思います。
    箇条書きでいきましょう

    AM7:00起床

    AM7:45出勤

    〜通勤電車で移動〜

    AM8:30会社到着〜就業

    って感じです。

    1日の自分の生活を起床から就寝まで書くわけです。

    そして通勤列車の車内が何々の広告でジャックされていた。
    とかを間にはさんで書けば良いわけですよ。

    他は
    こんな行列の出来る店があったとか
    家でテレビを観ていたらこんな事言っていたとかでも良いわけです。

    日常である事を少し詳し目に書くわけですね。

    題名をその中から一番気になるのをつけたら良いわけです。

    『誰々の写真で電車内完全にジャック』と


    まあ、あんま気取らないで良いと思います。
    本当に自然体でダラダラ書いていて良いと思いますよ。


    そして皆が悩むところに収益化への種類があります。
    例えば情報商材の販売をこのブログでするとします。
    スロットの勝ち方ですね。
    海苔衛門の知識の中でまだ誰にも言っていないことです。
    おそらく1万円を切った金額なら買う方も何人かは居るかもです。
    しかしね。それをすると短命のブログになるのですよね。
    目先のお金を追い掛けない方が良いかなと・・・
    自分はスロに特化せず日記重視でこれから先も数年書き続ける方を選択しました。

    そうするとグーグルアドセンスや忍者アドマックスなどのクリック報酬型の広告掲載が有利になります。
    これが日記型には一番合うと思います。



    でも、結果が最初は全く出ないです。
    一年ぐらいは仕方無いと思ってください。
    マジでウンともスンとも言わないです。
    しかし確実に基礎は出来ています。
    目に見えていないだけなのですよ。


    それは書いている内容のせいでは無いです。
    それが普通なのです。

    ここらは経験者から聞かないと分からないことです。
    だから半年間ぐらいで諦めてしまう訳です。
    勿体無い!!


    ブログに1つの記事を書くってことは風呂桶に毎日一滴ずつしか水を落とさない蛇口を1つ設置する感じです。
    その蛇口は日に一滴だけですが今後毎日毎日必ず一滴は水を落として溜めてくれるわけです。
    微々たるものなので毎日の変化はほとんど分からないです。
    ブログを続けるという事はその蛇口(記事)を増設する作業なのですよ。

    そして1年後・2年後、知らない間に風呂はいっぱいに満たされています。
    風呂桶はすべての蛇口からの水を受け切れずにこぼれ出します。

    これが安定収益の始まりです。
    過去の記事は永遠に収益を運び始めてくれるのです。
    この状態になってからが本式のブログ収益化です。


    ここで効率化を計っていくとそれなりの収入になります。

    でもとりま断っておきます。

    何十万・何百万を稼げる話はしていません。
    月数万円ならの話です。
    もちろんうまく収益化が出来ればもっといく方も出てくるはずですがたらればの話をしても仕方が無いです。
    誰もが普通にやってても可能な話をしています。


    月3万なら光熱通信費全て払えませんか?

    そういうことです。
    まずはそれを確保できる礎を作り始めましょう。
    必ず続けていれば数年でそうなります。


    ちなみに海苔衛門のブログ収益は秘密ですが皆が思っているほど多くは無いです。
    しかしながら増やせる方法をすでに確信していますので言い切れます。
    今まで続けてやってきた経験で答えが出てしまっていますのでね。
    試しで記事を変更すると露骨に変化が出ます。
    スロが完全にダメになってから本腰入れても全然間に合うと思っていますよ。
    その時はおそらく日記の書き方で分かると思いますけどね。

    まず支出を抑える
    そして光熱通信費の確保

    それからそれからです。
    今後も楽しみに!!

    スポンサードリンク



    少ない資金を使って考え方次第で一生家賃の要らない無職生活を送れる方法を紹介?

    スポンサードリンク

    前回はブログで日記を書いて将来の通信光熱費の足しにって記事を書きました。

    ブログを作られてもう書いているよって方もいるのですかね。
    喜んでリンクさせて頂きますので気軽にお声をかけてください。
    あまりにもエロチックなネタなのは勘弁してくださいねwww
    あとアングラ色の濃いのも・・・ははは


    さて今回からは何回かに分けて衣食住の『住』について書きたいと思います。
    日記の方にも書きましたが来年に家を購入することに決めましたよ。

    これについては大きな買い物になりますので色々な角度から話をしたいと思っています。

    安い金額で不動産が買え家賃負担が無い生活を考えてください。
    それに加えて前回の光熱費の問題もクリアできたらどうなりますか?
    ワクワクしてくるでしょ?
    これは兼業の方で定収入がありローンが組める方もある意味参考になることを書いていきますね。


    まず日本という国は不動産を資産としてみる度合いが他所の国と比べて格段に高いのですよ。
    これは金融機関が土地建物を担保にお金を貸すのを一番のベースとしている限り変わる事は無いと思います。
    ひとつの理由として日本が島国で元々農耕民族ってのが原因ではと言われています。


    そしてこの考えを逆手に取った購入法を使うと格段に安く買える訳なのですね。
    このブログは無職生活をするための事を書いていますよね。
    なので別にお金を産まなくても家賃としての負担を減らせたらそれはそれで良いって考えになる訳です。
    要は少ないお金で家賃分を稼いだことになります。
    通常の利回り商品の利息で安いワンルーム家賃分を稼ごうと思ったら何千万入りますか?ってことです。
    ちょいと興味が湧いてきましたかね。


    今回はまだ導入部ですので次回記事以降に書いていこうと思っているのを簡単に紹介

    銀行が担保として取りたがらない瑕疵(かし)物件にも済むだけなら優良な格安なものがたくさんあります。
    それの見分け方またこれだけは手をつけてはいけない条件の物件等の説明。

    安く買うための方法の1つに競売物件があります
    自分が住むことが前提ならプロの落札しようとする金額にも余裕で勝てます。
    今は権利関係(占有等)で素人が手を出して困ることは無くなっています。
    また競売がゆえ手が出しにくくなるポイント

    安く買うために加えていくべき実はそれほど問題の無い嫌がられる条件

    特殊物件を将来の転売で困らないための販売時の裏技(プロが使う手)

    中古住宅リフォーム時のボッタクリを防ぐ方法

    一生無職の考えなら買える条件の変化など

    1番伝えたいのは考え方の角度をガラッと変えると高いものを買う必要はなくなるってことです。
    先にも言いましたがそれでも金額的には高い買い物になりますので真面目な記事を書いていきますよ。
    じっくり掘り下げて話していきますね。

    スポンサードリンク



    プロフィール

    如雲海苔衛門

    Author:如雲海苔衛門
    無職生活者の日常をダラダラ書いています。

    Twitterも今更ながら力入れていこうかなと
    【如雲海苔衛門Twitter】
    良かったら

    カテゴリ

    スポンサードリンク

    免責事項

    当サイトに掲載された各種情報に関してその正確性において保証するものではありません。 これら情報を利用されたことによって万一損害が生じた場合でも一切責任を負いません。 各自責任と判断のもとご利用ください。

    お問い合わせ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お気楽無職生活入門